TOP > Profile

プロフィール記事

川北 直人 (かわきた なおと)

昭和49年江東区白河生まれ。
区立元加賀小、区立深川第六中、東海大付属浦安高、東海大工学部卒。
2003年4月 江東区議選 初当選(3,392票)自由党公認。
2003年9月 民由合併に伴い民主党に入党。
2007年4月 江東区長選 次点(55,437票)無所属。
2011年4月 江東区長選 次点(37,900票)無所属。
2012年7月 民主党を離党し無所属。
2013年3月 日本維新の会へ入党。
2013年6月 東京都議選 次点(20,273票)日本維新の会公認。
2014年6月 日本維新の会解党に伴い無所属。
20154月 江東区議選 2期目当選(6,877票)無所属。
20175月 自由民主党へ入党




自由民主党江東総支部副幹事長
区議会 企画総務委員会委員
  / 防災・まちづくり対策特別委員会副委員長
  / 表彰審査会委員
健康スポーツ公社評議員
深川消防団第4分団団員
江東区立深川第六中学校同窓会副会長

家族/妻、長男(10歳)、愛犬チヨ


img20190309191625713517.jpg img20190309191622715110.jpg img20190309191623592875.jpg img20190309191622656256.jpg img20190309191622391680.jpg img20190309191622244593.jpg img20190309191622452943.jpg img20190309191622682317.jpg img20190309191623635746.jpg

歴史ある地名「深川」冠称の復活を!

昨年は、天皇陛下御即位30年を奉祝する富岡八幡宮二ノ宮神輿や深川神明宮例大祭が盛大に開催され、「深川」が注目される1年となりました。
深川に生まれ育った者の一人として、今日まで地域の歴史や伝統、文化を大切に守り我々世代に引き継いで下さった先達に感謝の思いを深めると同時に、我々世代から次の世代にバトンを渡す、その重要性を再認識した1年となりました。

今年は富岡八幡宮子供神輿連合渡御が、そして来年はいよいよ迎える東京オリンピックとパラリンピックの開催の間に富岡八幡宮例大祭、御神輿連合渡御がそれぞれ予定されております。深川八幡祭りが世界中に注目される機会に恵まれようとしている今、改めて「深川」の伝統を守り、次の世代へつなぐ責任を積極的に担って参りたい、そう強く決意します。

昨年2月、区議会定例会本会議の一般質問において、「深川」冠称の復活を提案して以来、地域の方々から賛同のお声をたくさん頂いて参りました。1964年に開催された前回の東京五輪の直前に、住居表示の簡素化によって消滅した「深川」冠称。「神田」「日本橋」冠称がその地域の人々によって今日まで守られてきたように、2020年東京五輪の開催を迎える今こそ、深川を愛する方々と共に地域の歴史や伝統を次世代へとつなぐため「深川」冠称復活に向けた機運を高めたい、私はそのように思います。

dsc_0285.jpg 2015kuseihoukoku.jpg img20160707231227642374.jpg img20150222101959963363.jpg img20150222102003544448.jpg img20150222101928580312.jpg img20150222101902286440.jpg img20150217002350072768.jpg img20150214231607592560.jpg img20150214231151614592.jpg img20150216235247665055.jpg img20150128172956920485.jpg